たぷたぷ脂肪を撃退!ほっそり二の腕を実現する「ながらエクサ」4選

くっきり浮き出た鎖骨とほっそりとした二の腕は、美女の必須条件。そんな“デコルテ美人”といえば、長澤まさみさん(29歳)。

NagasawaMasami_201609_02

2017年1月に出演した舞台「キャバレー」(EXシアター六本木)でも、胸元が大きく開いた衣装で美しいデコルテを披露。デコルテがほっそりしているからこそ、バストの美しさが映えた。

薄着になる春を目指して、冬の間に付いたムダ肉を落としておきたいところ。そこで、ダイエットに詳しい柔道整復師の金徹(キン チョル)さんに、姿勢を矯正しつつ、美しい上半身を作る「ながらエクサ」を教えてもらった。

* * *

金さんによると、猫背で頭があるべき位置よりも前にズレていると、周辺のリンパの流れが滞って、顔や腕がむくんでしまうという。まずは壁に背をつけて立って、上半身にゆがみがないか、確認を。

まずは、上半身のゆがみをチェック!

両かかとをぴったりとくっつけて、楽に立ったときに、次の状態になっている?

□ 自然に頭が壁につく
□ 腰が壁から指2本分以上離れていない
□ 横から見て、耳、肩の堅甲外の部分、太もものでっぱり(大転子<だいてんし>)、外くるぶしの4点が一直線に揃っている

頭が壁につかなかったり、耳がほかよりも前にあったりする場合は、頭が正しい位置からずれている。猫背の人は、肩が体の中心よりも前に出ているかも。

「頭や肩の位置がズレていると、脇の上にあるリンパが圧迫されて、その流れが滞っているかもしれません。顔や二の腕などがむくんでいるという人は、次のエクササイズを1日10分行うことを習慣にしましょう」(金さん。「」以下、同)

【姿勢矯正エクササイズ】頭と肩の位置を正す

NagaraExa_Kin02_03

【1】腕をしっかり外に開きながら、肩をグッと上げる。肩甲骨同士を近づけるイメージで後ろに引く

NagaraExa_Kin02_04

【2】【1】の姿勢から、肩を真っ直ぐ下に降ろす

NagaraExa_Kin02_05

【3】肩の位置はそのままに、肘から下だけを内側に向ける
【4】そのまま肘を折り、手の甲から腕にかけてをデスクに置く

【2】〜【4】が難しい場合…

NagaraExa_Kin02_06

肘下を内側に向けるのが難しいようなら、肘下だけを持ち上げる練習を。反対側の手で肘上を押さえ、肘から上下を切り離すイメージで肘下を折り曲げよう。

「頭と肩が正しい位置に戻ると、脇の上のリンパの流れが改善されます。その結果、顔や二の腕のむくみがとれたり、鎖骨がくっきりと浮き出たり。バストトップの位置が上がる、といった効果も期待できますよ」

さらに、このエクササイズの効果を倍増する「二の腕トレ」も3つ、教えてもらった。

【次のページで、3つの「二の腕トレ」をチェック!


FEATURE

さらに見る

You might also like...