【メイクのメ】ビューラーとマスカラでいくつになってもキラキラな瞳を!

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は、キラキラ瞳のススメ。
記事一覧はこちら

* * *

メイクのメ_山本浩未_正方形

先日、故郷の広島で美容セミナーをしました。60オーバーのかたにお集まりいただいたのですが、ビューラーとマスカラのきれい効果をあらためて思い知らされました。本当に劇的に変わるんです!

「アイライナーやマスカラ、若い頃は使っていたけど今は使ってません」とか、「もともと使ったことがない」ってかたがほとんどでした。理由は、“まつげが少なくなったし、まぶたがたるんでアイラインやマスカラは埋もれちゃう。やってもしょうがない”。

確かに大人になると目が小さくなるので、そこにくっきりアイラインを引いてしまうと、かえって目が小さく見えてしまう場合もあります。だからこそ、まつげ! 私は、まつげは“目のガードル”だと思っています。しっかりビューラーで持ち上げてマスカラで固めれば、下がってきたまぶたをガッチリ固定してくれるんです。

つくづく大人に必要なのは「目を大きく見せる」ことより「黒目が輝いているように見せる」ことだと実感! まさに今、ドラマ『運命に、似た恋』(NHK)でバツイチ、シングルマザーで斎藤工くんと運命の恋を演じている原田知世さん。決して目は大きくないけど、少女のように黒目がキラキラしていますよね。同様に、セミナーでマスカラを久しぶりに体験したお姉さまたちも、目に星が入っていました(笑い)。

メイクのメ42_原田

原田知世(はらだともよ)/1983年『時をかける少女』で映画デビュー。歌手としても人気。ドラマ『運命に、似た恋』(NHK)に出演中。

黒目の輝きを取り戻すポイントは、まず、まつげを根元からしっかり上げて目を広げること。ちなみにビューラーの使い方の基本は「根元、真ん中、先の順にまつげをビューラーで挟み、3段階でカールしましょう」でした。でも、大人のまつげには、そんな長さも量もないので(笑い)、根元をギュッと1度挟んで、グイッと持ち上げればOK。

その後、黒のマスカラを根元につけます。つやのある黒がまぶたの際につくことで、黒目がキラキラします。顔立ちがぼんやりしてくる大人こそ、黒のメリハリ効果が出やすいの。確実に原田さんの瞳みたいなキラメキが出せます。

仕事で女優さんにマスカラをつけると、そこで“女優”のスイッチが入ることが多いんです。ですから、みなさんも「まつげはやってもムダ」と思い込まず、ぜひ、ビューラー&マスカラをメイクに復活させてみてくださいませ。目が大きくならなくてもいいんです。大人が目指すべきは、原田さんのような「黒目に星が輝いている目」なんですから!

黒目に星が輝くビューラー&マスカラテク

メイクのメ42_ビューラー

【1】指でまぶたを持ち上げ、まつげの際にしっかりビューラーを当てる。まつげを挟んだら、ギュッと1回で持ち上げる。

メイクのメ42_マスカラ

【2】同様に指でまぶたを持ち上げ、根元から黒のマスカラをつける。このとき、目線を下にすると根元にブラシを当てやすい。

イラスト/楽谷玲子

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『同窓会で二番目にキレイになるには…』(小学館)も好評。

 

【このシリーズのバックナンバー】

美肌アプリ効果のコンシーラーで肌をちょこっと明るく
黒のリキッドアイライナーでアイドル系目元になる!
「ぼかす」「重ねる」テクで“厚化粧”に見えない!
今秋こそ流行の赤リップにチャレンジしましょう!
夏は洗顔を見直して、ゴワ肌からツル肌へ
落ちやすい夏の眉メイクはコートでキープ!
たるみの原因にも!髪と頭皮をUVケア
おばちゃん感がでる首の“背脂”に要注意!
頭皮用ブラシでマッサージするとおでこのしわも薄くなる!
今、アイシャドーに必要なのは色ではなく輝きのニュアンス
肌の清潔感を左右する端の部分の“アラ”見えてますか?
唇がぷるんとするアイテムで色っぽさをプラス
疲れが顔に出ている時こそメイクは薄く!

 

 


FEATURE

さらに見る

You might also like...