【体験レポ】痩せない理由を「ダイエット遺伝子検査」で解明!

がんばって食事制限をしたり、運動をしたりしても全然痩せない…そんな人は、自分の体質に合わないダイエット方法を選んでいる可能性が。これを解明するのに、役立つのが「ダイエット遺伝子検査」。代謝の傾向や脂肪の付き方を、遺伝子から探ってくれるのだとか。

そこで、流行りのダイエットに飛びついては失敗ばかり…という編集Eが「ダイエット遺伝子検査」(7290円)を受けることに。太りやすさには自信があるEだけれども、その理由は想像と違ってびっくり!

* * *

「東急プラザ銀座」の真向かいにある「カラダクリニック銀座」は、数々の女性誌のダイエット特集に登場している医院。「ダイエット遺伝子検査」のほかにも、「食物IgG検査」や「免疫力検査」など、健康と美容をサポートするさまざまな検査が揃っていることでも有名だ。白が基調のインテリアは大人の女性にふさわしい印象で、近所の病院とはまったく違う…。

今回の「ダイエット遺伝子検査」では、自分がなにが原因で太るのか、医学的な確証を得ることができるという。しかも、ダイエット方法のアドバイスもしてもらえるとか。なら、いつも自分に向いているのかもわからず、流行のダイエットに飛びついてしまうけれど、本当にやるべきかきちんと判断できるようにもなりそう…いいこと尽くしかも!

そこで、ウキウキ気分で三島雅辰院長にダイエット遺伝子の検査についてお話をうかがった。

report_Emily_DietIdenshiKensa_02

三島雅辰院長。ご自身のダイエット経験についても気さくにお話いただいた

「施術はごく簡単で、綿棒のような採取棒で頬の内側の細胞をとるだけです。遺伝子は変わらないものですから、血液検査のように何度も受ける必要もありません。一度、検査を受けておくのがオススメですよ」(三島さん、以下「」同)

金額も7290円といたって良心的なのがうれしい。でも…もしも遺伝的に「痩せにくい」と診断されたら、ダイエットをやる気がなくなってしまうかも。

「肥満の遺伝的要因は3割ぐらいで、7割は生活習慣です。つまり、遺伝的に太りやすい体質だったとしても、努力でカバーすることが可能です。そのために何に気をつるけるべきか、がこの検査でわかります」

「ダイエット遺伝子検査」でわかるのは、食事とエネルギー代謝にまつわる5種類の遺伝的な体質。食事に関しては、高カロリーのものを好むか(高カロリー嗜好)、それを食べ過ぎる傾向にあるか(高カロリー嗜好過食傾向)を判定。さらに、脂質の代謝が悪いか(内蔵脂肪型)、あるいは糖質の代謝が悪いか(皮下脂肪型)、痩せやすい傾向にあるか(痩せ型)を知ることができるという。

「脂質の代謝が悪い人が低糖質ダイエットをした場合、結果として摂取カロリーが減ることで、体重が減るかもしれません。しかし、実際には脂質の摂取量を制限したほうが、効率よく痩せることができるのです」

ということは、むやみに流行のダイエットに飛びついても仕方がない、ということ? これまでバターコーヒーや糖質制限などのダイエット方法が話題になる度にチャレンジし、それなりに苦労して、減量を達成してきた。でも、もしかして、無意味だったりした??

先生によると、例えば糖質の代謝がいい場合、タンパク質が体に溜まりにくい。そのため、タンパク質の摂取量を控えてしまうと、筋肉が衰えていく可能性があるのだとか。そうなると、一時は理想の体型を実現しても、将来的に筋力が衰えて、足腰が悪くなったり…と健康を害する可能性もあるのだという。ダイエットだけではなく、将来の健康管理にも役立つ検査なんだなあ。

【いよいよ検査にトライ!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...