【旬菜】デトックスに効果あり。シイタケのレシピ5選

栄養たっぷりな旬の野菜は、ダイエットの強い味方。そこで、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」に、「シイタケ」のダイエットや美容にうれしい栄養分とレシピ5種を教えてもらった。この時期ならではのおいしさを堪能して。

shiitake

シイタケは、ダイエットにうれしい低カロリー食材のひとつ。三大うま味成分のひとつであるグアニル酸は、ほぼシイタケからしか取れないとか。戻し汁にもうま味が出ているので、捨てずに料理に使うと、料理がグンとおいしく仕上がるはず。

食物繊維を豊富に含むため、デトックスに効果が期待できる。カルシウムの吸収を高めるビタミンDを豊富に含むので、小魚などと一緒に摂ると骨を丈夫にしてくれるそう。また、シイタケ特有の成分であるエリタデニンは、コレステロールを減らす効果があるというから、動脈効果の予防にも。

【おいしいシイタケの選び方】

・かさが大きく、開きすぎていないもの
・肉厚でかさの裏が白い
・ひだのうぶ毛が生え揃っていて、傷やシミがついていない

お弁当にも活躍!「シイタケの肉詰め」

ABC_shiitake001_

シイタケと鶏肉の組み合わせがヘルシー。さらにカロリーオフを試みるのなら、鶏肉の半量を、レンチンしてつぶした豆腐に差し替える手も。

カロリー:72kcal(1人分) 調理時間:20分

→レシピを読む

風味も食感もワイルドな「きのこ狩りマリネ」

ABC_201610_kinoko02

まるで森から届いたような丸ごときのこの一皿は、風味も食感もダイナミック。エリンギはきのこ類の中でも低糖質、マッシュルームはビタミンB2が比較的多くて、代謝アップに役立つとか。白ワインビネガーの酸味が効いているから、おつまみにもぴったり!

カロリー: 89kcal(1人分) 調理時間:20分(マリネする時間を除く)

→レシピを読む

肴にも「手作りドライトマトときのこのオイル漬け」

ABC_kinokooil

自家製のドライトマトとキノコを良質のオイルで漬け込んだ一品。作り置きしておくと、魚や肉のグリルの副菜やサンドイッチの具材など、料理に味わいをプラスするのにも活躍してくれる。

カロリー:809kcal(全量分) 調理時間:70分

→レシピを読む

秋を感じる「おもちの揚げ出し〜きのこあん仕立て〜」

ABC_kinokoagemochi

サクサク香ばしい揚げもちにとろり和風あんがよく合う。一般に流通している”シメジ”とは、ブナシメジなどのこと。食物繊維が豊富で、ビタミンB群を含むので、代謝アップへの効果も期待できるとか。うまみ成分たっぷりのシイタケとシメジを掛け合わせることで、おいしさも倍増!

カロリー:210kcal(1人分) 調理時間:約30分

→レシピを読む

主役級の「きのこと生ハムの和風クリームコロッケ」

ABC_tonyucreem

キノコがたっぷりと入った、和風テイストのクリームコロッケ。シメジとエノキダケはとともに、食物繊維とビタミンB群を豊富に含むので、便秘解消にも役立つのがうれしい。

カロリー:566kcal(1人分) 所要時間:30分

→レシピを読む

監修:ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)

東京を中心に全国約28万人が通うお料理教室「ABC クッキングスタジオ」の中で、ヘルスケアビジネスを推進するチーム。医療、美容、スポーツの観点から食を研究し、レシピ提案やセミナー、料理レッスンを行っている。公式サイトは、https://www.abc-cooking.co.jp/labo/


FEATURE

さらに見る

You might also like...