体幹を鍛えて痩せ体質に!「骨盤シェイクダンス」7つの効果

AKB48をはじめ、数々の人気アーティストを手がけるカリスマ振り付け師、WARNER(ワーナー)さん。

WARNER先生の骨盤シェイクダンス DVD BOOK 55分映像: 振って! 揺らして! コアマッスルとくびれにズーム! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

気になる人は、Amazonで本書をチェック!

加圧スペシャルトレーナーとしても活躍する彼が創り出したダンスエクササイズ「骨盤シェイクダンス」は、日常生活では使われにくいコアマッスルを刺激することでキレイなくびれが生みだす。さらに、基礎代謝をアップすることで太りにくい体にもなれる、といいこと尽くめ。

そこで、『WARNER先生の骨盤シェイクダンス』(小学館)からその効果とやり方のコツをご紹介!

* * *

「骨盤シェイクダンス」の核となるのが、骨盤を前後左右に揺らしたり、振ったりする「シェイク」の動き。その結果、得ることができる7つの効果はこちら!

効果1 くびれができる

腰を横に振ったり、前後に回転させたりと、わき腹の腹斜筋を刺激する動きをすることで、ウエストのぜい肉が解消。美しいくびれが手に入るそう。

WARNERQandA_01

効果2 脂肪が燃焼する

骨盤シェイクダンスは、体に適度な負荷がかかる有酸素運動。そのため、脂肪燃焼効果を得ることができるとか。

効果3 コアマッスルを鍛えて、代謝がアップ

骨盤を前後左右に動かすことで、体幹の深部の筋肉「コアマッスル」を刺激。その結果、基礎代謝が上がり、痩せやすい体質に。

効果4 骨盤のゆがみが改善し、美姿勢に

骨盤を前後左右に均等に動かすことで、周辺の筋肉のつき方のバランスが整う。その結果、体のゆがみが改善しやすくなるそう。さらに、骨盤が安定することで姿勢もキレイに。

効果5 血行がよくなって、こりや冷えが改善

ウエスト、腕、肩、背中、おなか、脚と、全身を大きく動かすため、血行をよくする効果が大。手足などの末端の冷えが解消したり、肩こりが改善しやすくなったりする人も。

効果6 ダンスの基礎が身につく

シェイクやツイスト、ステップなどダンスの基礎となる動きがいっぱい。続けるうちにコアマッスルが鍛えられて、粘りのある動きができるように。

効果7 気分がリフレッシュして、ストレス解消!

ほどよく発汗して爽快感が得られ、気分がリフレッシュ。ストレスを感じたときなどに行えば、気持ちも前向きになるはず!

【次のページでは体験者の声をご紹介!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...