ジェシカ・シンプソン、減胸手術を本気で考えていたことも

シンガーソングライターのジェシカ・シンプソン(36)は、自分よりも胸のほうが有名になってしまったことから、真剣に胸を小さくすることを考えたことがあったのだとか。

Jessica Simpson

ジェシカ・シンプソン

子供2人の育児をする中で自身の胸がセクシーな目で見られる対象だけではないことを実感したことで、そのままの胸をキープすることにしたのだという。

ジェシカはウィメンズ・ヘルス誌に「私の胸は目立っているし、存在感があるわ。減胸手術しようと思ったことがあるのよ。メディアからの注目は最悪」「ただし子供ができてからは、自分の姿を見て『私の胸は事実かなり大きい。でも、そのままが好きだわ』って感じなの」と語ったとか。

2014年に結婚した元NFL選手の夫エリック・ジョンソンは、彼女が胸を小さくしなかったことに喜んだとか。「胸は私の長所であって、エリックはいまだに大好きよ」とジェシカは続けた。さらに、話はラブラブな結婚生活を送る秘訣にもおよんだ。

「美しく、愛のある結婚生活の秘訣は、キスしていちゃいちゃすることだと思うわ! もしキスをすること忘れてしまったら、最初に恋に落ちた理由を忘れてしまうわ。いつもキスから始まるわ」

提供/Bangshowbiz

【関連する記事をチェック!】
歩くだけで美しく痩せる「ポスチュアウォーキング」
運動中や就寝中も。きれいなバストを保つ補正下着9選
ブリトニー・スピアーズ、体型維持の秘密は新恋人のモデル!?
疲れた体を労わる。癒し系の「マッサージ家電」8選
【美痩せ】椎名慶子さん/瞑想で心の状態や食欲をしっかり調整

FEATURE

さらに見る

You might also like...