ボルダリングの必須アイテムは?プロクライマー・川端彰子さんの【ジムバッグを拝見!】

新しくスポーツを始めようとすると、まず持ちもので戸惑うもの。そこで、プロの女子アスリートたちのバッグの中身を拝見!

BiyaseGoods_-Bouldering_AkikoKawabata05

今回、お話を聞いたのは、プロクライマーの川端彰子さん。2017年度ボルダリングW杯開催国特別枠選手として参戦が決まっている川端さんは、10代の若手ホープがひしめくスポーツクライミングの世界で、30代クライマーとして第一線で活躍中。

そんな川端さんに、人気急上昇中の「ボルダリング」をするときに愛用している道具や、女子視点で揃えたいマストアイテムを教えてもらっちゃいました。

美痩せに役立つ「ボルダリング」の必須アイテムは?

BiyaseGoods_-Bouldering_AkikoKawabata07

【1】「ahcahcum(あちゃちゅむ)」の限定バッグ
ボルダリング道具一式を入れているバッグは、デザイナーズブランド「ahcahcum(あちゃちゅむ)」のムック本の付録だったもの。

「開口部が大きくて物を入れやすくて、便利。画家・金子国義さんによるアリスのシュールなイラストも気に入ってます」(川端さん。以下、「」同)

【2】「Scarpa(スカルパ)」のシューズ
小さな足場(スタンス)に立つボルダリングでは、ロッククライミングやフリークライミングで使う「クライミングシューズ」が必須。川端さんのシューズは、イタリアの登山靴ブランド「Scarpa(スカルパ)」の「ドラゴ」(1万9440円)。

「足底部分が弓なりになっている”ダウントゥ”なので、強傾斜でも足がかけやすいんです。重ねてソールが柔らかいので、傾斜の寝た壁を登るときにも◎。オールマイティーにストレスなく使用できます」

【3】「eye Candy(アイキャンディ)」のチョークケース
プラスチックのホールド(壁の突起)を掴んで登るとき、滑り止めにチョークの粉を使う。ボルダリングジムでレンタルもできるけれど、選手や頻繁に通っている人は持参するのが一般的。

川端さんはチョークメーカー「東京粉末(Tokyo Powder Industries)」の2種類を愛用。ホールドの止まりがいい「PURE BLACK(ピュアブラック)」(330g 1836円)と、アロマの香り付きの「EFFECT(エフェクト)」(330g 1836円)をミックスしているそう。

カーキの色使いがおしゃれなケースは、プロ御用達のチョークケースブランド「eye Candy(アイキャンディ)」で購入。「製作者のIVAN(イヴァン)自身がクライマーだから、使いやすさが抜群!」とか。

【4】「ローズバッド(ROSE BUD)」のサンダル
夏場は足が蒸れるので、サンダルは必須アイテム、と川端さん。ボルダリングは男前なスポーツだからこそ、小物にかわいさを取り入れることで、テンションを上げているそう。

「写真のものは、『ローズバッド(ROSE BUD)』で購入しました。ビーズ使いがかわいくて、ひと目惚れしました(笑い)」

【5】WATAAAH!(ワター!)」のブラシ
ホールドにチョークがのり過ぎると、手との摩擦が落ちて登りづらくなってしまう。これを落とす専用ブラシはジムにも備え付けられているけれど、プロは自分用を持参。

「ドイツ生まれのブランド『WATAAAH!(ワター!)』のスモールブラシ(1188円)は、とにかく磨きやすくて、チョークもよく落ちるんです。そんなに高いものでもないし、自分のものを手に入れると気分も違うと思いますよ」

【6】リップやファンデなど保湿コスメ
ボルダリングジム内は登りやすいようにかなり乾いているので、保湿に気をつけるのがオススメ。川端さんは、「ランコム」や「ヴァセリン」のリップ、「ポールアンドジョーボーテ」のファンデーションなど、保湿力が高いコスメを揃えている。

「クライミングジムでは髪と肌が乾燥しやすいんです。トレーニングに入る前に、こっくり重めのテクスチャーでしっかり保護するようにしています」

【次のページで、ウェアと初心者向けシューズをご紹介!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...