ぽっこりお腹の改善に◎。内臓脂肪の減少に役立つ「明日葉」のレシピ3選

全体的にはスリムなのに、お腹だけぽっこり。そんな体型を今が旬の「明日葉」を食べることで改善できることを、知っていた?

Asitaba_recipe05

写真/アフロ

前田クリニック院長で、メタボ予防と生活習慣病治療を専門とする前田和久さんによると、ぽっこりお腹の原因のひとつは内臓脂肪。

「“抗メタボリックシンドロームホルモン”といわれる善玉ホルモン『アディボネクチン』の分泌量を増やすと、内臓脂肪を減らすのに有効。それには、明日葉に含まれるポリフェノールの『カルコン』を摂るのが役立ちます」(前田さん)

Asitaba_recipe06

明日葉の粉末を8週間に渡って摂取した被験者の内臓脂肪が、摂取前比べに20%ほど減少したという調査結果も。野菜園芸学を専門とする恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田智さんも、明日葉の内臓脂肪への効果に注目しているとか。

「明日葉はビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり。代謝を助けるビタミンB12も、野菜には珍しく含んでいます。近年はその栄養価の高さが話題になって、お茶や青汁などの健康食品にも多用されています」(藤田さん)

4月から8月にかけて市場に出回る明日葉だけれど、収穫のピークである4、5月がいちばんおいしい時期だそう。そこで、管理栄養士で食デザイナーの平野美由紀さんに明日葉のレシピ3点とその栄養効果を教えてもらった。

整腸や美肌にも◎「明日葉と豆乳のスーパースムージー」

Asitaba_recipe01

豆乳に含まれる「イソフラボン」には、明日葉のポリフェノール「カルコン」の体内での働きを高めてくれる効果が。明日葉の特有の味わいや香りを減らし、より飲みやすく仕上げるために、りんごをイン。りんごには整腸作用や美肌効果があるので、一石二鳥!

材料(2人分)

明日葉(ざく切り)…100g りんご(ざく切り)…1/2個 豆乳…300cc レモンスライス…6枚 はちみつ…適宜  ※市販の明日葉青汁を使ってもOK

作り方

【1】明日葉とりんご、レモンスライス4枚を、ミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌する
【2】グラスに【1】を注ぎ、レモンスライスを飾る

【次のページで、明日葉のレシピ2点をチェック!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...